スポンサードリンク

Dear Beautiful|理性?感情?バランス?あなたとって最高の相手と出会い豊かで幸せな関係を享受するために。(大田朋子)

Sharing is caring!

Dear Beautiful

Dear Beautiful(大田朋子)

《内容》理性?感情?バランス?あなたとって最高の相手と出会い豊かで幸せな関係を享受するために。

Dear Beautifulは、20~30代の女性、特にキャリアとパーソナルライフのどちらをもフルに充実させることに長けたアトラクティブ女性に読んでいただきたいフィロソフィカルな恋愛小説です。
結婚というオプションも含め、20代後半辺りから「年齢」が語る社会通念を感じながら、もっともっと自分らしさを探している人に。
かわいさと知的さ、遊び心とさっそうさなど多面性をもつからこそ起こる葛藤も含め。。。
そんな貴女にこそ、作品の中にある究極の問いかけを通して、第三者の目でその葛藤を見つめてほしい、あなたが恋愛に求めていることをもっと明確にしてほしい、あなたらしい愛に出会い、育てていただきたい、そして豊かで幸せな恋愛、結婚は私たちみんなが享受できることだと知ってほしいとの思いもあり。
作品を読み進めていくことはあなた自身とのコミュニケーションになるはずです。
Dear Beautifulがもつ世界に触れていただけることで、貴方の毎日の「感じる」にワンランク上の意識を置いていただけるきっかけになれば、この上ない幸せです。
主人公は、世界を拠点に活躍する31歳の女性。アメリカ、ヨーロッパ、南米、アジアと多数の国でキャリアを築いてきた知的でユーモアのセンスたっぷりの明るい女性。20代後半までの家族を持つことは夢への足かせだという堅苦しい思考回路の時期を超えて、今は自分にとって最高で、経済力、知力、体力のあるステキな男性と素敵な恋をして、結婚をしたいと考えるようになった。
ただ30代を超えると、「感じる」より先に「あたま(計算)」が働いてしまったり。
そんなときに、知り合いの実業家と再会。頭でっかちの彼女が、彼のことを好きだと認識できるまでの過程、理性の塊の二人が情熱にどう‘許可‘を与えていくのか、恋人に求めること?結婚は仕事の邪魔?国を超えて、お互いの夢と結婚とのバランスをどうとっていくか?豊かで幸せな家庭を築く考え方、結婚に前向きじゃない男性に対して彼女はどう向き合うのか?まず受け入れる、っていうけれど。素敵な男性に相応しいもっと素敵な自分でいるために。お互いの夢を実現することが、物理的な距離をうんでしまう?遠距離恋愛。それぞれが持つ結婚の定義。。。
結婚適齢期といわれる年代の多くの女性が対面しがちな問いに彼女がどう向き合っていくかが、この作品の一つのチャームです。作品を持つ世界にあなたの一部を浸しながら読み進めていくことであなた自身の深い部分との向き合いになるはず。
本編はDear BeautifulⅣ部シリーズの第一巻。

商品区分:ダウンロード販売

発行者名:大田朋子

▼いますぐチェック!▼

Dear Beautifulの公式ページへ

管理人よりワンポイント!

大田朋子さんのDear Beautiful。理性?感情?バランス?あなたとって最高の相手と出会い豊かで幸せな関係を享受するために。ってことですが恋愛・婚活に関するあれこれ。 ケチな恋人もいるでしょう。性格は良いのだけれど、お勘定にうるさい。とにかく細かく割り勘する…。これは、ケチが嫌だというよりもその性格に付いていけないのではないでしょうか。几帳面な性格というのは行き過ぎると他人にとっては窮屈なものでしかありません。長く付き合うためにはその部分を受け入れなければならないのですが…。恋人には恋人の、自分には自分の人間関係があるでしょう。そんな人間関係に介入してくる人もいます。それは「重い」と思われてしまう可能性があるでしょう。ともすると、「監視しているのか?」と思われてしまう可能性もありますので、人間関係はあまり介入しない方が良いでしょう。恋人の人間関係を狭める事にもなってしまうでしょうから。恋人から家の合鍵をもらう。それはとても嬉しいトピックですよね。「いつでも自由に入って良い」、そのような意思表示なのですから。中には合鍵をもらう事で初めて「恋人」として実感するという人もいるくらいです。もしも合鍵をくれる気配がなければ、冗談めかしてせびってみてはいかがでしょう。案外ただ忘れているだけだったりしますから。

▼いますぐチェック!▼

Dear Beautifulの公式ページへ

Sharing is caring!

スポンサードリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする