夫の不倫で傷ついた妻の心を回復させるサポートブック|夫の不倫で傷ついた心を回復させ、新しい夫婦の関係性を築いていくためのサポートブック(花田直子)

夫の不倫で傷ついた妻の心を回復させるサポートブック

夫の不倫で傷ついた妻の心を回復させるサポートブック(花田直子)

《内容》夫の不倫で傷ついた心を回復させ、新しい夫婦の関係性を築いていくためのサポートブック

夫の不倫が終わり、夫が前に進もうとしても、心に深い傷を負った妻は前に進めるようになるまでには時間がかかります。
夫にとっては終わったことかもしれませんが、妻にとっては不倫が発覚した日からではなく、「夫の不倫が始まった日」からが苦しみであり、戦いになります。
カウンセリングをさせていただている中で一番多いと感じることは、夫が「不倫は終わったことだから蒸し返さないでくれ」「思い出さないでくれ」「前だけを向いてくれ」と言うことにより、妻の心の回復を妨げてしまっていることです。
心に深い傷を負った妻は、「何度も」過去の辛い出来事を思い出します。
心が回復していくまでには、「また夫が不倫をするのではないか・・」と不安な気持ちでいっぱいになります。
前に進みたくても、過去に引き戻されてしまう。
思い出したくなくても、辛い出来事を思い出してしまう。
不倫をした夫を責めたくなくても、責めてしまう。
不倫をした夫を許したくても許せない。
やり直したいのか、やり直したくないのかわからない。
このように様々な苦しみや葛藤を抱いています。
本書では、自然な形で妻の心の回復を促していく他、不倫をした夫が適切に妻の心のケアをできるように、夫へのアドバイスも載せています。
第1章(夫の不倫によって傷ついたときの心の反応と回復へのステップ)から第7章(自分と不倫相手を比べてしまって辛くなったとき)までは、ワークショップで行った内容を更に充実させています。
新たに第8章(既婚男性が不倫をする心理)から第14章(不倫の繰り返しを防ぐために必要なこと)までの内容を盛り込みました。
実際にカウンセリングでも提供させていただいている「心を軽くするためのセルフセラピー」も充実させています。
第13章(妻の心の回復を支える夫へ)と第14章(不倫の繰り返しを防ぐために必要なこと)では、「不倫をした夫へ」向けて書いています。
妻の心のサポートの仕方から、二度と不倫を繰り返さないために「夫自身が取り組む対処法」を載せました。
「二度と不倫はしない!」と心に誓っても、強いストレスがかかったり、メンタル的な落ち込みが強くなると、同じことを繰り返してしまうこともあります。
同じことを繰り返さないためには、「意思の力」(二度と不倫はしない!)以上に、「無意識の力」(不倫をしても心から満たされることはないという感覚)に働きかけることが重要です。
このように「夫自身が取り組む対処法」では、無意識の領域に働きかけ、不倫の繰り返しを防ぐための根本的な改善を目指していきます。
夫に読んでもらうことが難しい場合は、不倫の繰り返しを防ぐために妻から夫への「促し方」も記載しています。
読むだけでカウンセリングの効果を得られるように、心に寄り添いながら傷ついた心の回復を促していきます。
読み終わる頃には、がんばらなくてもいいんだ、自然に湧き出る感情に寄り添ってもいいんだ、ありのままの自分でいてもいいんだ・・・そんな気持ちになるはずです。
不倫をした夫に対しても、様々な角度から見ることができるようになるでしょう。

商品区分:ダウンロード販売

発行者名:花田直子

▼いますぐチェック!▼

夫の不倫で傷ついた妻の心を回復させるサポートブックの公式ページへ

管理人よりワンポイント!

花田直子さんの夫の不倫で傷ついた妻の心を回復させるサポートブック。夫の不倫で傷ついた心を回復させ、新しい夫婦の関係性を築いていくためのサポートブックってことですが人間関係に関するあれこれ。 これが一番ですが、優しさというのは大前提と言えるでしょう。また、優しさというものも抽象的なものです。優しさと甘さや都合の良さを混同してしまっている人はとても多いです。ですが、やはり優しさというのは人間誰しも心地よいものですので、恋人には優しさを求めるという点もそれは当たり前の話と言えるのではないでしょうか。時には新居に誰かを招きたくなったり、招くケースもあるのではないでしょうか。そのような時にどうするのか。これはとても大きな問題でしょう。双方が納得していれば良いでしょうが、一方の独断で人を招いてしまうと後々それが大きな問題となってしまうかもしれません。ですので、人を招く際にはどうすべきなのか。この点もよく考えましょう。恋人を作るという事は、恋人候補にアプローチしなければならないとも言えます。これがどのような事を意味しているのかというと、必ずしも「恋人」という関係になるかは解らないという点です。もしかしたら仲が良くてもいざアプローチしたら振られてしまう可能性もありますが、振られるのが怖いから恋人ではなく、今のままで良い…。そのように思っている人も多いようです。

▼いますぐチェック!▼

夫の不倫で傷ついた妻の心を回復させるサポートブックの公式ページへ