夫の不倫問題に対処するためのサポートブック|自分軸を作りながら、夫の不倫問題を乗り越える力を身につけていきましょう(花田直子)

夫の不倫問題に対処するためのサポートブック

夫の不倫問題に対処するためのサポートブック(花田直子)

《内容》自分軸を作りながら、夫の不倫問題を乗り越える力を身につけていきましょう

夫の不倫が発覚すると、強い衝撃と共に様々な苦しい感情が出てきます。
結婚生活の全てが否定をされたような無力感。
妻として女性としての価値を失ってしまったような無価値感。
100%信じていた夫からの裏切りは、計り知れない心の傷を負います。
一瞬にしてどん底に突き落とされたような感覚になり、この先どのように歩いていったらいいのか、何を目指していったらいいのかもわからなくなります。
心に深い傷を負いながらも、
「なんとか夫に不倫を止めてもらいたい!」
「どうしたら不倫を止めてくれるのだろうか?」
「不倫を止めてもらうには、どのような対処をすればいいのか?」
こんな気持ちも出てきます。
どうしたらいいのかわからないので、まずはネットで様々な情報を得ようとします。
そこで目にするのは、
「夫を取り戻すためには、良い妻になりなさい」
「夫の不倫を見ざる、聞かざる、言わざるを徹底しなさい。そうすれば、夫は戻ってくる」
「すぐに証拠を取って(調査会社に依頼して)、不倫相手を排除しなさい」
このような情報が蔓延しています。
藁にもすがる思いなので「この通りにすれば、夫は戻ってくる」と信じ、心がボロボロになりながらも「不倫をしている夫」に尽くそうとしたり、良い妻をがんばったりします。
ただ、心に反していることを続けているので、数ヶ月経ってくると心と身体が限界を迎えます。
このように、心がボロボロになった状態で私のカウンセリングに来られる方も多くいます。
夫の不倫が発覚すると、誰でも心がパニック状態になります。
夫の不倫問題というのは、「生命の危機」にも匹敵するほどです。
今まで当たり前のように得ていた「安心・安全」が脅かされてしまうのです。
そのような事態に直面をすると、「一刻も早く夫を取り戻して、元の安全な生活に戻さなくてはいけない!」という気持ちでいっぱいになります。
不倫が発覚してから数ヶ月間は、冷静な判断ができなくなります。
結果、心がボロボロなのに「良い妻」をがんばってしまったり、「夫に尽くしたり」してしまいます。
しかし、不倫が解決されないばかりか、妻の心が疲れ果ててしまうんですね。
残念ながら「●●をすれば、必ず夫を取り戻せる」という魔法のような方法はないのです。
人の心をコントロールすることは誰にもできないことだからです。
人は、心が疲れ果てているときほど、無意識的に相手をコントロールしようとしてしまいます。
苦しくて辛くてたまらないのですから、「今すぐになんとかしたい!」「この苦しみから脱したい!」と感じてしまうからです。
このような負のループにはまってしまうと、「できること」よりも「できないこと」にエネルギーを注いでしまうので、心が疲弊するばかりか解決まで遠ざかってしまいます。
カウンセリングでは、ご相談者さまが辛い出来事を吐き出し、カウンセラーが分かち合うことで、失ってしまった「自信」を取り戻し、「自分の感情を認めてあげること」から始めていきます。
特に、夫の不倫問題は、妻として女性としての自信を全て奪われてしまいますから。
夫の不倫に気付かなかった自分、夫が不倫をしたのは自分が至らなかったからではないか・・と自分を責めてしまうこともあるでしょう。
不倫をしている夫に対処をしていくためには、自信を取り戻していき、「自分軸を持つ」ということが重要になります。
「自分軸」というのは、自分の考え、価値観、感覚、感情、行動を大切にし、尊重をするということです。
自分軸を持つことで、自然と不倫をしている夫に適切な形で対処ができるようになっていきます。
夫がどのような問題行動を起こしても、「ブレない」自分であり続けることができるようになります。
人の心をコントロールできなくても、ブレない心が「結果的に夫にも変化を与える」ということに繋がるのです。
何よりも「自分自身」に大きな変化が生まれます。
この変化は、どんな問題も乗り越えることができる「力」となります。
このサポートブックを順番に読んでいくだけで、次第に「自分軸」が身につき、不倫をしている夫に適切に対処をしていくことができるようになります。

商品区分:ダウンロード販売

発行者名:花田直子

▼いますぐチェック!▼

夫の不倫問題に対処するためのサポートブックの公式ページへ

管理人よりワンポイント!

花田直子さんの夫の不倫問題に対処するためのサポートブック。自分軸を作りながら、夫の不倫問題を乗り越える力を身につけていきましょうってことですがその他(恋愛・コミュニケーション)に関するあれこれ。 付き合う前のデートは緻密にいろいろと計画してくれていたのに、いざ付き合い始めたらずぼらになっていく…。そのような恋人は、とにかく手に入れた事で安心しているのでしょう。それがやがてはマンネリを生みますので、恋人がデートに無計画な場合、いっそ帰ってしまうのも手でしょう。それでも改善しない場合、分かれてしまいましょう。風俗が趣味な人もいるでしょうが、これもまた、辞めてほしい趣味の上位にランクインされるものです。風俗という事は性的なものです。それを自分以外の相手と行うのですから、恋人という立場からすると決して良いものではないでしょう。場合によっては性病などのリスクを背負ってしまう事もあるのですから、辞めて欲しいに決まっていますよね。電話は実は避けた方が良いでしょう。というのも、電話の場合声しか聞こえません。更に言うと、話していないと感度が悪いのではないかといった不安も出てくるでしょう。相手の発言意外の部分でストレスを感じてしまい、仲直りどころではなくなってしまう事もありますので、電話は実は避けておいた方が良いツールだったりするのです。

▼いますぐチェック!▼

夫の不倫問題に対処するためのサポートブックの公式ページへ